騙されて登った高みから見えたのは、新しい景色。ーー“ROCK CUBE”が誘うボルダリングの世界

越谷のカフェバー「FI-KA(フィーカ)」でスウェーデン料理とクラフトビールを堪能!大人の隠れ家で良い週末を

まず、私は文句を言いたい。

越谷市民は何も思わないかもしれないけれど、たまに来るだけの人間にとって、新越谷、越谷、南越谷、北越谷の「越谷トラップ」はなかなか攻略が難しい。

越谷駅から南越谷駅に行きたいのに、気がついたら新越谷駅の改札を出ていたことが何度もある。

中目黒に行く電車があったり、浅草に行く電車があったり。越谷の交通網はハチャメチャじゃないか?それだけ、便利な街なのだろうけど。

越谷トラップに引っかかりながら、中心地である越谷駅から徒歩4分ほどのところにある「FI-KA」というカフェバーにたどり着いた。

スウェーデンの料理人がスウェーデン料理を出すお店だ。スウェーデン料理なんて、IKEAのフードコートでしか食べたことがない。

ムーミンみたいな顔をしながら店にたどり着いた私の目においしいクラフトビールがありますの文字が飛び込んで来る。

 

おいしいクラフトビール。

 

 

おいしいクラフトビール…

 

 

おいしいクラフトビール!!!!!

私が頼んだクラフトビールは、「インドの青鬼」。エールビール製造所「よなよなの里」で作られているインディア・ペールエール(IPA)。

普段はクラフトビールの中でもフルーティーさを売りにしていたり、少し甘めで女性におすすめ♡のような種類を飲むことが多い。

だけど、今日は少し寒かったし、電車を間違えてつらかった。

自分を慰めるために、すごくアルコールを摂取したい。名前からアルコールを感じさせてくれそうな「インドの青鬼」。はたして。

グラスに口をつけた瞬間に、想像していたよりもフルーティーな香りがする。しかし、一口飲むと結構な苦味。これがモルトの風味なのか。初めて飲む、苦味があって独特な風味のIPA。

二十歳を迎えたばかりのお酒に慣れていない人が飲んだら、「ビールってこんなに苦いんだ…」と、しばらくトラウマになってしまいそう。それくらいの苦味。大人でよかった〜〜!

スウェーデンの伝統的な料理であるミートボールも頼んだ。お弁当によく入っているような、小さくて甘くてコロコロした食べ物を想像している。

スウェーデンバージョンだと何が違うのか。ワクワクしながら、ちょっとだけ仕事もする。天才ライターなので。(自称)

店内の雰囲気が、まさに「カフェバー」ですごく落ち着く。仕事じゃなかったらカウンターに座るのに…と思いながら店内をキョロキョロ。

ここに来る人は、どんな人なんだろうな、母国を思い出す人が多いのかなあ。などと想像を膨らませていたら、ミートボールが来た。

知っているミートボールの30倍大きい!なんだこれ。すごい。マッシュポテトもすごく大きくて、期待が高まる。


(興奮のあまり写真が少しブレているのは許してほしい)

日本のミートボールって、甘いタレをガンガンにかけていて、子どもが好きな食べ物のイメージが強い。だけど、スウェーデンのミートボールはすごくあっさり!

玉ねぎのシャキシャキ感もおいしい。マッシュポテトも最高においしい。こんなに美味しくて、大きくて、これが300円とかコスパが異常。ちょっとおっぱいのようなミートボール、ごちそうさまでした。

そして、ケーキメニューもスウェーデンの方が作っているとの情報を発見し、「シナモンロール」を注文。

ジャンルとしてケーキコーナーに書かれているけれど、甘すぎないからお酒との相性がバツグン。シナモンとビールの組み合わせ、最高なのでは。

私が「FI-KA」にお邪魔したのは、土曜日の夕方。お店は14時からオープンしている。早めの時間からお酒が飲めるなんて、大人の幸せのためにあるようなお店。

おじさんがよくいるような、めちゃくちゃ安くて昼間からガンガン飲める居酒屋も好き。

だけど、キレイなお姉さんがいて、落ち着いた雰囲気でお酒を味わえる大人な雰囲気も最高に好き。めちゃくちゃいいお店を発見してしまった。

最高すぎたから誰にも教えたくないな〜って思っちゃったんだけど、教えなきゃいけないんだよね。私だけの秘密基地にしておきたかったなあ。

今回伺ったお店

店名:FI-KA

住所:埼玉県越谷市赤山町1-112 1F

営業時間:月・火・日:14:00~翌2:00 水:18:00~翌2:00 金・土14:00~翌6:00

定休日:木曜日

TEL:050-3313-9722

URL:https://fi-ka.gorp.jp/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です