【イベント情報】越谷の未来を考えるトークイベント、第2回「越谷ミライトーク」を開催! テーマは「松戸市の活性化に貢献 “omusubi不動産”に聞く、空き家を活かした地域コミュニティのつくりかた」@はかり屋

【趣味暮らしをしよう】埼玉県越谷市蒲生の隠れた名スポット「WAnest(ワネスト)」 

記事提供:埼玉ベース ()さん
moriです。越谷市蒲生駅付近に少し前から気になっていた場所があったのですが調べてみるととても面白いコンセプトの場所だったので早速行って来ました!

蒲生シュミグラシ「WAnest」

コンセプト

WA-nest (ワ・ネスト)は、和+巣 という意味の造語です。

「ワ」には「和、環、倭、話、羽」などの意味が重ねられており、「ネスト」には「趣味暮らし」を卵から育む「巣」のような場でありたいとの願いが込められています。

そのため、この集合住宅には、趣味や仕事を活かした生活を快適にするだけでなく、自立性を求めた生活を手助けする場として、リラックスしながらも適度に刺激しあえる工夫が盛り込まれています。

五感を刺激する自然の恵みを体感できる住戸群の間で、想い想いに集まり過ごせるワネストは、各住棟が中庭を取り囲むように軒下空間で繋がれ、中庭に面したところにはカフェや趣味室が配置されています。

蒲生WAnestより

ここはパッと見たところ以前ご紹介した越谷のはかり屋、のような複合商業施設かと思いきや実は長屋集合住宅なんですよね。

WAnestにはカフェ、雑貨屋、花屋、美容室、ネイル、和菓子屋、スタジオ、など様々なお店があるのですがどれもこちらに住まれている方々の趣味としての位置付けのようです。

この1Fが住民の方のお店にあたるスペースで

2Fが住居スペースのようです。
このCAFEスペースは曜日によって内容が異なりますのでお目当がある場合は要確認です。
店内は白が基調で木材を感じるほっこりした空間です。
この日のランチプレートは海老と厚揚げのチリソースがメインで、生野菜、スープ、そして空芯菜というアサガオの茎炒めもの。
記事書きながらまた食べたくなってますね、、、。
台湾料理ってなんとなく癖が強い気がしていて選んだ事がなかったのですが食べて良かったですね、、
どの料理も本当に美味しかったです。
海老は海老フライ以外苦手なのですがチリソースの良い匂いに食欲を刺激されてペロッと食べてました。
初空芯菜も優しい味付けでコリコリした食感でまた食べたいですね!
住人だったらかなりの頻度で食べに来たいです。
食後には珈琲shopあかね.yaで一息。
ここは本当に店主の方が珈琲が趣味で好きなのが良く分かる接客をしてくれます。
メニュー表の珈琲はほぼ試飲させて頂きましたね。笑僕は苦めのが好きだと伝えて選んで頂きましたがまさに好みでした。
イラストは地元の中学生が描いてくれてるようなのですがとてもかわいい!隣には美容院やネイルができるお店も
程なくして和菓子屋さんの和三盆 恵菓
※2019年5月に惜しまれながら閉店されました。
こちらはでは和三盆糖という非常に希少なお砂糖で作られたお菓子が並んでいます。
砂糖なのでもちろん甘いのですがほんのり甘く優しい印象です。
ちょっとしたお土産にも良いですね。この日は和三盆糖で作られたお菓子と最中とを購入。
その他にも植物や雑貨屋さんを見てゆっくりして帰って来ました。

蒲生WAnestに住むには?

美味しい珈琲やランチ、さらに美容室や雑貨屋さんなどが揃うWAnestですが集合住宅である為実際に住むこともできます。

不動産の掲載では現在空きがないとされていますが公式のHPを見ると2Fに1室空きがあるようですね。

興味のある方はこちらをチェックしてみて下さい!

まとめ

WAnestの好きなところは本当に皆さんが好きな事をやって切り盛りされているのが接客からとても伝わってきて、大型の商業施設等にはないサービスや接客から人との繋がりを大切にしているように感じます。

また店舗は趣味スペースにて出店されているのですがあくまで趣味、という感じでどのお店も営業日や時間もまちまちでのんびりした空気が流れているので本当にのんびりするには良いです。

この記事を書く前に3回訪れてますが、日中からお酒呑んでる人を見ない日はありませんでした。笑

蒲生近辺にはこの間行ってきたバーグマンというお店や珈琲shopなど新しいお店がちょこちょこできてるのでまた行ったら記事にしようと思います!

終わり

本記事の提供元はこちら

埼玉県蒲生の住める新スポット 蒲生WAnest|ワネスト 

written by 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です