越谷のローカルウェブメディア プレ創刊!

【越谷から1時間で行ける】“東京産”ワインが飲める「都市型ワイナリー」3店

世界から注目を浴びつつある国産ワイン。

 

関東近郊の「ワイナリー」と言えば、広大なぶどう畑や大きな醸造所のある長野や山梨を連想するが、近年では住宅街やオフィス街にワイン醸造所を作り、フレッシュなワインを提供する「都市型ワイナリー」が人気を集めている。

今回は、気軽にふらっと立ち寄れる、「都内のワイナリー」を紹介していく。

 

東京初のワイナリー。“高尾産”ぶどうでワインを醸造する「東京ワイナリー」-大泉学園

東京初のワイナリー

 

2014年9月にオープンした「東京ワイナリー」は、東京都練馬区の大泉学園駅から徒歩約10分の長閑な住宅街に位置する東京初の小さなワイン醸造施設。

「手作り」感にこだわったワイナリーで、店舗は新聞販売店を改修したもの。

 

笑顔で出迎えるスタッフ

 

店内に入るとオーガニック感が漂うカフェスペースが出迎えてくれる。ここでは、練馬産の野菜や果物を使用したキッシュやシフォンケーキなども頂くことができる。

営むのは、東京の市場で仲卸の経験をもつ越後屋氏。市場に勤務していた際、練馬区の農家さんと出会い「東京にもこんなに美味しい野菜や果物を作っている農家さんがいる」ということに感激。

「東京の野菜や果物のおいしさを発信するためにはワインしかない」と思い立ち、未経験ながら試行錯誤を繰り返す中、着想からわずか3年でワイナリーを設立したという。

 

奥に見えるワイナリー

 

カフェの奥にある醸造スペース。タイミングが良ければ小窓からも醸造している様子を伺うことができる。

 

4機の醸造機

 

事前に連絡しておけば、ワイン造りの見学もできる醸造所のドアを開けると、ひんやりした空気を感じブドウの良い香りが漂う。

仕込みは東京のブドウが出始める8月末から行い、新酒を中心に時期をズラしながら翌年の3月まで行われるという。

「東京ワイナリー」のワインの特徴は、瓶詰めするときに濾過を行わずにごりを残すこと。ここではブドウの個性を活かす為に、あえて澱を残している。

さらに、料理との相性を考え、ブドウを2週間かけて発酵。それによって、すっきりとした味わいに仕上がるという。

 

店内で購入可能なワイン

 

この日販売されていたワインは、「高尾ロゼスパークリング」、「青森県鶴田町産スチューベン」、「青森県雪シードル」の3種。

同店の目玉はなんといっても「高尾ロゼスパークリング」(グラス一杯400円、税込)。東京都八王子市で収穫される高級品種のぶどう“高尾”で造るスパークリングの赤ワインだ。

優しい香りに、爽やかな口当たりが印象的で、上品なブドウの香りと甘みが伝わってくる余韻が心地良い。想像以上にクセが少なく飲みやすいので、一杯だけでは物足りなく感じるだろう。

 

高尾産ワインと前菜盛り合わせ

 

あわせて頂いたのは、東京産の野菜を使用しているという「前菜盛り合わせ」(700円、税込)。大泉バターナッツ、東京人参で造られた「オムレツ」、「ビーツムース」、「東京野菜のムング豆和え」は優しいワインと相性抜群。

長閑な住宅街の中で愉しめるこの雰囲気が、ここが東京であるということを忘れさせてくれる。

「今後は、東京産のワインを増やして行きたい」という同店。行くたびに様々な表情のワインに出会えそうだ。

 

店名:東京ワイナリー

住所:東京都都練馬区大泉学園町2-8-7

営業時間:10:00〜17:00 〈カフェ〉 火水金、第4土・日 11:00〜16:30

定休日:月、木、土、日(第4土・日曜日除く)

TEL:03-3867-5525

URL: http://www.wine.tokyo.jp/(公式)

https://r.gnavi.co.jp/pehxx2260000/(ぐるなび)

 

スターター使いにおすすめ、“生樽ワイン”が魅力の「清澄白河フジマル醸造所」-清澄白河

フジマル醸造所レストラン店内

 

清澄白河駅から歩くこと約5分。住宅街の中にひっそりと佇むのが「清澄白河フジマル醸造所」。

「ワインを日常に」をコンセプトに、日本と世界のワインから自社醸造のワインまでを愉しめるインタリアンレストラン併設の都市型ワイナリーだ。

2013年に誕生した大阪・松屋町の「島之内フジマル醸造所」に次ぎ、同社で2店舗目の都市型ワイナリー。1Fは醸造所(施設見学可能)、2Fがレストランとワインテイスティングルームとなっている。

 

テイスティングルーム

 

こちらで提供している「フジマル醸造所テイスティングセット」(1,000円、税抜)では、自社醸造のワイン9種のうちから自分好みの3種を選ぶことができる。

 

自社醸造ワイン

 

ラインナップ(季節によって異なる)としては左から、テーブルトップ・デラウェア2016(白)〈山形県産 デラウェア100%〉、デラウェア ペリキュリエールby Sato 2016 (オレンジ)〈山形県産 デラウェア100%〉、テーブルトップ・ロゼ2016(ロゼ)〈山形県産 メルロ 100%〉、 ファーマーズ・メルロ 奥山農園2015(赤)〈山梨県産 メルロ100%〉、ファーマーズ・メルロ シティ・ファーム2016(赤)〈山梨県産 メルロ100%〉などが提供され、気に入ったワインは購入も可能だ。

 

「テーブルトップ」のネーミングの意味は「食卓」。ここでも、「ワインを日常に」というコンセプトに基づいた本店の揺るぎない信念を伺うことができる。

 

生樽ワイン用サーバー

 

なかでも人気なのは、サーバーから注がれる自社醸造の「生樽ワイン」(白〈山形県産 ナイアガラ〉、赤 〈山形県産 メルロー〉)。スパークリングワインを飲んでいるのかと錯覚しそうなほど、ピチピチとした「炭酸感」が口の中で弾ける。

スッキリとした飲み口がたまらないこの一杯は、アルコール度数はやや抑えめ。ぜひ、「スターター」として飲んで欲しい。

さらに、レストランに併設されたテイスティングルームでは、13:00から(ラストオーダー21:30)ワインに合う軽いおつまみを楽しむことができる。

 

ひとくちパニーノ

 

「ひとくちパニーノ」(500円、税抜)は、外皮が厚く、外側カリッ、内側モチッのパニーノの中に、サラミとマリネした茄子の旨みがぎゅっと詰まった食べ応えのある一品。

街に根差したパン屋さんの「パーラー江古田」から調達した良質な小麦の味わいが愉しめるパンを使用。サラミの塩気と上質な脂が、小麦粉の甘みとハーモニーを奏で、噛みしめるほどに深い余韻をもたらす。

 

自家製パーネトスカーノ 豚タンとツナマヨネーズのサンドイッチ

 

塩を入れず小麦の甘味を引き立てた自家製パンに、柔らかい食感の豚タンをはさみ、特製ツナマヨネーズソースたっぷりとかけた「自家製パーネトスカーノ 豚タンとツナマヨネーズのサンドイッチ」(700円、税抜)も見逃せない。豚タンとワインの相性は抜群だ。

 

ワインと軽食

 

元々は鉄工所だったという建物を改築した店内。レストランはテーブル12席、カウンター7席。テイスティングルームはテーブル8席、ハイチェア9席。休日にゆっくりワインを嗜むのも、仕事帰りのちょっと一杯にも利用しやすい空間。

 

あなたの「日常にもワイン」を添えてみてはいかがだろうか。

 

店名:清澄白河フジマル醸造所

住所:東京都江東区三好2丁目5-3

営業時間:〈レストラン〉 平日 17:00〜21:30 (L.O.) 土日祝 ランチ11:30〜14:00(L.O.)
ディナー 17:00〜21:30(L.O.)

〈テイスティングルーム〉毎日 13:00〜21:30(L.O.)

定休日:月曜日 ※月曜日が祝日の場合は翌日

TEL:03-3641-7115

URL: http://www.papilles.net/(公式)

https://r.gnavi.co.jp/m99w5f4u0000/(ぐるなび)

 

1杯100円で試飲可能。ワインを通じて“コト創り”を仕掛ける「深川ワイナリー」-門前仲町

深川ワイナリー外観

 

富岡八幡宮などがある門前仲町駅周辺。駅から歩くこと約5分、下町の雰囲気が溢れる街につくられたのが「深川ワイナリー」だ。

ここは都内では3番目となるワイン醸造所。木製カウンターの試飲スペースや会員制レストランが併設されており、ワイン造りの様子を見ながら1杯100円でのテイスティングやイタリアン料理などを楽しむことができる。

試飲所と醸造所はガラスで仕切られ、予約をすればブドウの搾汁など醸造体験も可能だ。

 

深川ワイナリー入り口

 

同社社長の中本氏は「大のワイン好き」。それが高じて2016年6月にオープンした同店。「ワインのイメージとは結びつかなさそうな場所で裾野を広げたい」という想いで、ブドウ生産地の長野県などに近く、公共交通機関が充実して車の運転を気にせずワインを飲めるメリットを感じ、下町に目を付けた。

そうして準備を進めるうちに知り合った、滋賀県でワイン醸造に携わってきた上野氏と共に開設したという。「思い立った時に気軽に電車で来て、できたてのワインを楽しめ、醸造過程の見学もできる」ことが、都心ならではの魅力だ。

深川ワイナリーでは、独自のワイン造りのほか、醸造方法とテイストを検討しながら、団体・個人の垣根を越えて一緒になって造り上げるワインの共同開発プログラムを提供。

結婚式場やアパレルブランド、個人経営の飲食店など各業界とコラボレーションした「Wネームのワイン」も誕生しているという。

他にも、結婚前のカップルに向けて「初めての共同作業でワインの醸造」といったプレミアムな体験や山梨、山形、北海道での「ぶどう収穫ツアー」を用意するなど、ワインを通した様々な「コト創り」を仕掛けている。

 

ワイナリー

 

約90平方メートルのワイナリーは搾汁機や醸造タンク4台を備え、年間最大約15キロリットルを製造。フルボトルで、年間2万8千本を醸造できるという。

 

テイスティングルーム

 

そんな「ワイン愛」に満ち溢れた同店で愉しめるのが、自社醸造のワインテイスティング11種(1杯100円、税込、季節により変動)。

深川ワイナリーで造られているワインは、赤、白、ロゼの3種類。ブドウは、長野県塩尻・松本産のナイアガラやコンコード、元々つながりのあった山形県のブドウ農家のものを中心に使用。

 

長野県塩尻産「ナイアガラ」

 

テイスティング・ラボ(試飲スペース)で頂いたのは、長野県塩尻産「ナイアガラ」の赤ワイン(無濾過)。

りんごのような涼やかな香りと、無濾過故のふくよかな旨みを感じることができる。和食を引き立ててくれそうなワインだ。もちろん、ボトルでの購入もできる。

 

ワインマンズテーブル

 

また、今年8月に試飲所の奥にひっそりとオープンしたのが、プライベートレストラン「Wine Mans Table(ワインマンズテーブル)」だ。

 

全6種のコース

 

ここでは、深川ワイナリーのワインやぶどうの素材などを用いた食材でつくるイタリアン「全6種類のコース(16種のアミューズプレート、冷たい前菜、あたたかい前菜、本日のパスタorリゾット、本日のメイン、本日のデザート、パン、コーヒー)」と、同店のワイン、醸造家とソムリエが厳選したイタリアンワインのマリアージュを愉しむことができる。

また毎週火曜日のみ、系列店である「九吾郎ワインテーブル」の元寿司職人シェフによる、「寿司懐石」を提供。(イタリアンコース、寿司懐石コース共に、4,500円、税込。完全予約制・会員制。要問合わせ)「寿司×ワイン」という斬新な組み合わせも是非とも味わってみたいところだ。

テイスティング・ラボは10席、ワインマンズテーブルは12席。ひとり飲みにも、グループでの利用にも程よい広さの空間で、ワイナリーをもっと身近に感じてみてはいかがだろうか。

 

店名:深川ワイナリー

住所:東京都江東区古石場1-4-10 高畠ビル1F

営業時間:月〜火 10:00〜18:00、水〜日・祝日10:00〜22:00(L.O.21:30)

定休日:なし

TEL:03-5809-8058

URL: http://www.fukagawine.tokyo/(公式)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です